イタリアに行ってきました!

9月中旬、4年ぶり4回目のイタリア旅行を決行し、ピエモンテ州在住の友人宅に8泊、ミラノに3泊、ヴェネチアに2泊と、北部を回ってきました。元々超心配性な私は、コロナ感染が完全に治っているわけでもなくアジア人に対するヘイトクライムが横行する中、海外渡航は無謀なのではないかとずいぶん悩みました。でもこのタイミングを逃すと来年になってしまうのは目に見えていたので、7月に3回目のワクチンを接種し、トラブルを未然に防ぐために出来る限りの対策を講じた後、思い切って旅立ちました。

結果はというと・・・人生最高の2週間を過ごすことができました!4年ぶりに会った友人、そして今回初めて会った彼のご家族から至れり尽くせりの歓待を受け、まるでホームステイ状態。毎晩おいしい食事を同じ敷地内に住むご両親宅でご馳走になった上、お母様のバースデーパーティーにまで招いていただきました。その上、友人に連れられて朝から晩までとてもアクティブな毎日を過ごしていたので、最後には胃薬のお世話になるほどたくさん食べていたのにも関わらず、体脂肪率マイナス1%、筋肉量0.5 kgアップという嬉しいおまけ付きでした。 

ヴェネチアでは、案の定迷いまくりました!建物がぎっしり詰まって建っている上、似たような通りが多いため、目印を見つけるのが困難なのです 。それでも何とか主な観光スポットを周り、ヴァポレットと呼ばれる水上タクシーで移動することもできました。大阪ーミラノの機内で、塩野七生氏の「海の都の物語 ヴェネチア共和国の一千年」を読んでいたので、ヴェネチアという独特の都市がどのように発展、そして衰退したかをある程度学んで行ったのは正解でした。 

ミラノはシドニーとメルボルンを足して2で割ったような雰囲気(正直ミラノの方が10倍ステキですが・・・)で、すぐに馴染むことができました。現地の人々もとても優しくて、道を渡ろうと待っていたら車が止まってくれたり(イタリア人の友人曰く、自分だったら無視される!そうです)、ハンドクリームなどを買ったらテスターをたくさんくれたりで、「なんだ、心配して損した」という感じでした。またミラノのメトロはとても利用しやすく、筋金入りの方向音痴の私でさえ乗りまくっていました。 

写真や動画ももちろんたくさん撮ったので、少しずつYouTubeにアップする予定です。また色々と貴重な経験をしたので、年末までに「おとなのソロ旅〜北イタリア編」というタイトルでKindle出版を目指します!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA