AIがあれば語学は不要?

テクノロジーの発達に伴い、 AI翻訳や通訳のクオリティも以前とは比較にならないぐらいアップしました。この状況は、もちろんこれからも続いていくと思います。となると「やった!英語の勉強から解放される!」と喜んでいる方も、一定数はいらっしゃるのではないでしょうか。

正直なところ、ビジネスの場ではそういうことも多くなると思います。今はもてはやされているTOEICでさえ、十年後、二十年後にはあまり役に立たない資格になってしまうかもしれないほどです。

だからといって、英語をはじめとする外国語を学ぶのは無駄かというと、そんなことは決してありません。現に最近、世界中でウクライナ語を習う人たちの数が急増しています。使うことはほとんどないかもしれないけれど、もしウクライナ人に会う機会があったら彼らへのサポートの気持ちを表明するために、せめて挨拶ぐらいはウクライナ語でできるようになりたいという気持ちの表れです。

つまり、 外国語を学ぶということは、自分が生まれた国以外の外国へのリスペクトの象徴などではないかと思います。 そしてお互いへの気遣い抜きで、良好な関係を築くことは不可能です。だからこそ、どんなにテクノロジーが発達したとしても語学学習は存在し続けることでしょう。


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA